納得のいく仕上がりを目指して|婚約指輪はオーダーメイドがトレンド

花嫁

愛を誓うリング

新郎新婦

東京では、ハワイアンジュエリーを扱っている専門店が沢山あり、それぞれこだわりのポイントは違ってきます。人生をともにするリングであるため、夫婦でしっかり話し合いながら納得のいくものを見つけておくことが大切でしょう。

Read More

二人だけの指輪を

ダイヤの指輪

横浜のようなブライダルに人気のスポットで、結婚指輪を用意するのであれば、予約をしてから見にいくことが必要です。結婚指輪は、長く日常生活で身につけるものなので、お互いの好みに合った指輪を選ぶようにしましょう。

Read More

憧れのオーダーメイド

カップル

事前に流れを把握

オーダーメイドの婚約指輪をつくる予定があるなら、事前に流れを把握しておきましょう。スケジュールを頭に入れておくよう、段取りを工夫すれば気持ちの上でも余裕を持つことができます。いずれにしても、早め早めに行動しておいた方が無難です。既製品の婚約指輪を買う時も名入れなどに時間がかかります。最初はお店や工房を選びます。デザイナーさん個人に頼むケースもあります。依頼先を決めるのが、婚約指輪づくりの最初のアクションです。依頼先が決まったら、デザイナーさんと面談を行います。費用は使う素材やデザインによっても変わるので、まずは打ち合わせで話をまとめていきます。デザインが最終的に決まったら、デザイナーさんが作業に入ります。その後仕上がりを見て微調整し、完成してから指輪を受け取ります。このような流れを押えておくと、いざ作るときに余裕が出るでしょう。

早くても2ヶ月はかかる

婚約指輪をオーダーメイドで制作する場合、時間がかかるのが特徴です。2人の完全オリジナルリングをつくる作業なので、時間をかける喜びを得られる一方、忙しい時は慌ただしい思いをするかも知れません。具体的な期間はデザインなどにもよりますが、一般的には早くても2ヶ月はかかります。何度も打ち合わせを重ね、意図をしっかり伝えてから作業に取り掛かって貰った方がやり直しの手間を省くことができます。もちろん図面と仕上がりの印象が違うことは珍しくありませんから、時間がかかってもお互いに納得できるものを目指しましょう。ちなみに、やり直す場合、何度までOKか、工房によってルールが違うのでそのあたりも早い段階で確認しておきたいポイントです。

オーダーメイド出来る

ウェディング

結婚指輪は既製品の他にオーダーメイドという方法があります。既製品にもオーダーメイドにもそれぞれ良さがあります。オーダーメイドの場合は全てを自由に作れるフルオーダーと、色々な組み合わせをカスタマイズするセミオーダーとがあります。

Read More